読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるよに記録帳

Bakafire Partyの決闘ボードゲーム「桜降る代に決闘を」について書くブログ

交流会&プレリリース大会 その2

こんばんは。

 

さて、今回は前回に続き、プレリリース大会の内容について記録しようと思います。

 

まず、選択したメガミはサイネ/ハガネ。

理由としては、前回のプレリリースでのサイネ採用率9割を受け、今回も皆ハガネ使うだろうと読んだハガネメタ。

特にハガネの遠心を活かしやすい後退能力に優れ、遠心からの追撃でライフを奪いやすいヒミカ/ハガネを主要ターゲットとしたメタデッキ。

サイネはヒミカの持ち味のほぼすべてを単独で潰し切る圧倒的なヒミカキラーであり、またサイネの得意間合いの3-4は大天空や遠心撃を放つには半端なため、ハガネにも決して弱くない。(と、この時はまだ考えていた)

なお、ハガネが入ってるのは前回のプレリでサイネを使わずに優勝したtot氏がブーイングの嵐だったためである。

 

しかし、エントリー回収後の主催発表によるハガネの使用率はなんと5割程度。

(詳しい数字は失念した)

oh.....

 

(以下、細かい攻防は省き大雑把な流れを主に記録しますので、若干事実と異なる記載があります)

 

1戦目

vs ユリナ/シンラ

いきなり容赦ないトップメタ級の組み合わせとのマッチ。

しかも天地反駁→皆式理解によるダスト枯らしからの無拍子反駁圧気と反駁反論で容赦なくライフを削ってくる。強い!

しかし、トドメの反駁浦波嵐に合わせて会心の氷雨細音の果ての果てを直撃させ、ライフを消し飛ばし勝利。

完全に相手のミスプ頼りの勝利、メガミの相性等々あるけど反省多し。

 

2戦目

vs トコヨ/サイネ

自分も大会では使わないものの、使ってて面白いのでフリーでよく使う組み合わせ。

基本的な動きは審美眼で絶対防御を築きながら梳流しでライフアドを稼ぎ逃げ切る。

と、ここまでは分かっているので、ダストが肥えて審美眼が脅威となる中盤までに致命的なライフアドを取って相手に守りに入らせないのが要と踏み、大天空を利用した一撃必殺デッキを組む。

相手は遠距離での攻撃手段を持たないため、試合開始と同時にフレアを溜めて態勢を組み、間合い2に詰め寄る。

相手はオーラを貯めてこちらの攻撃に備えるが、それこそこちらの狙い通り、共鳴共振を起点にした5/3大天空(鐘鳴らしは引けなかった)を相手のライフに叩き込み一気にライフ差をつける。

しかしここでダストが一気に肥えたため相手はすかさず審美眼を発動、この組み合わせの真の戦いはここから開始される。

一気に距離を開けた隙をついて前進し梳流しでの攻撃、こちらは見切りしか回避手段は無いが見切りのための八相発動はサイネ相手では恰好の的に等しいため却下、必要コストと割り切る。

さらに相手は千歳の鳥で無料再構築する。これが相当予想外の手で相手とのライフ差が意外と詰まってくる。しかもしつこく距離2まで前進してもきっちり3距離で終わらせて台地砕きをケアしてくる。狙いが読まれている!

しかしライフは拮抗の状態。あとは相手の審美眼さえ切れれば鐘鳴らし遠心撃で終わりに…

「残り時間1分です」

「えっ」

困った。これでは審美眼が切れる前に試合が終わってしまう。しかも再構築タイミングの差でこちらがライフで負けている。

はい、負けました。

徹底的にライフアドの堅持に尖らせたお手本のようなトコヨ/サイネだった…

 

教訓:先に切札は出すな。出すなら奥の手を持ちましょう。

教訓2:0-2の全力攻撃を修練ルールでそうそう撃たせて貰えると思うな。

教訓3:何を防ごうと思って音無砕氷入れたの?ばかなの??せめてメガロベル入れよ?

 

3戦目

vs ヒミカ/ハガネ

ヒャッハー!狙った通りのマッチだぜー!これは勝つる!

「フルバーストしまーす」

フルバーストを食らうのは必要経費だし仕方ない…

ここで前進して得意間合いに詰め寄れば相手は攻めにくいはず…

「シュートしまーす」「大重力しまーす」

「ク リ ム ゾ ン ゼ ロ」

ワッザ?クリムゾンゼロ?クリムゾンゼロナンデ???

仕方ないので後退してこちらの得意間合いに戻さないと…

「大 地 砕 き」

(集中力が砕け散るおと)

痺れながらも何とか攻撃可能な間合に戻し…

「バックステップを円舞錬でコピーしてドローしながら後退しまーす」

ワッザ?間合8?間合8ナンデ????

「フ ル バ ー ス ト」

アイエエエエエ……

 

何とか勝ったものの、目から鱗がボロンボロン落ちた試合でした。

(予想外の攻めを何回も繰り出されたが、根本的にマッチの相性が良いため勝つには勝てる)

 

4戦目、最終戦。

vs ヒミカ/トコヨ

所謂梳ループが強力な組み合わせ。こちらには梳流しを対応で防ぐ手段が存在しないので、梳流しを放つ余裕をどこまで奪えるかがポイントとなるが、かなり分は悪いマッチアップである。

2戦目と3戦目で学習したハガネの真の力を信じるしかない。

途中梳ループ3連を食らってだいぶライフが溶けたが、ある程度は必要経費として割り切るしかない。そこから相手の隙を突き大重力で間合い0へ移行、大地砕きでオーラと集中力を砕く。相手は得意間合いへの復帰とオーラケアを同時にこなす余裕を失うが、近距離で滞留すれば再度大地砕きが飛んでくるため必死で後退するしかない。しかし、オーラと集中を失った状態で後退すれば無防備な姿を晒すのは必然。律動弧戟・薙斬り・八方振りのフルコンボを叩き込んで一気にライフを蒸発させ勝利。

 

最終的には3勝1敗の4位と相成りました。

 

なお、3戦目のヒミカハガネのムーブは早速猿真似学習して大会後の野試合でtot氏相手に披露し勝利しました。

(ゆえに、これを見て次の大会に持ち込んでも通用しないと思います)