読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるよに記録帳

Bakafire Partyの決闘ボードゲーム「桜降る代に決闘を」について書くブログ

大破鐘メガロベル

どうもこんばんは。タイムシフトで重大発表を見ました、つきのみちでございます。

 

今更言うのもアレなのですが、ゲームマーケットチャンネル生放送にて新カードが1枚発表されましたね。

 

大破鐘メガロベル

切札 行動 フレア3

あなたの切札が全て使用済みならダスト→2→ライフ

 

フレア3でライフを2回復という破格のカードですが、生放送で言及された通り前提条件の「切り札が全て使用済み」という制限が重くのしかかります。

 

このカードにおいて大半のメガミの切札は伏せていることに価値があります。

ゲームの特性上相手を確実に倒せる場面以外で切札攻撃を行うと反撃の為のフレアを相手に与えてしまうためです。

また、対応カードの切札は相手の必殺の攻撃に合わせなければ意味がありません。

故に、切り札が全て使用済みという条件は思いのほか厳しいのです。

 

現状考えられる範囲で最もこのカードを効果的に扱えるメガミは何といってもヒミカでしょう。

遠距離からの先制攻撃でライフアドバンテージを取る戦法が得意なため遠距離にいるうちに有効な切り札は使ってしまいたいこと、常に後退を要求されるためフレアを溜める余裕がなく切り札も軽いカード中心となることから、早々に切札2枚を使ってしまうことが多いためです。

ただし、実はヒミカの場合も若干微妙で、ライフを2回復させても自分の得意間合いまで後退できなければいずれライフが枯れるまで叩かれる運命から逃れられないためです。この辺についてはハガネの通常札で近距離中距離でどこまで戦えるか(あるいはシンラのように徹底的に遠距離に引きこもる結界を張れるか)によるので、残ったカードの内容に期待したいところです。

なお、条件を満たせばいつ使っても有効なカードですが、このカードが表になった瞬間に相手は大天空クラッシュに対する警戒を捨てて一気に近距離でトドメを刺しに来ることが予想されるので、ギリギリまで伏せて相手をけん制したいですね。